二階堂ふみがぐるナイのゴチ新メンバー!若いのに経歴がすごい!!

この記事は2分で読めます

セーラー服

ぐるぐるナインティナインの「グルメチキンレース!ゴチになります17」の新メンバーに二階堂ふみさんが選ばれましたね。
自身の理想の制服姿としてセーラー服で登場します。
セーラー服

ネットでは、
誰これ、がっかり。。。
大物じゃないじゃん!
負けたら支払いきつくない?

などのコメントが見受けられましたが、様々な賞を受賞している実力派女優で映画界では引っ張りだこだということを知らない方が多いようです。
ゴチの第2戦までに二階堂ふみとはどういう方なのか知っていただけたらと思います。

二階堂ふみのプロフィール

本名
二階堂 ふみ
生年月日
1994年9月21日(21歳)
出身地
沖縄県那覇市
職業
女優、モデル
ジャンル
映画・テレビドラマ・舞台
事務所
ソニー・ミュージックアーティスツ

映画好きのお母さんに連れられて小さい頃からよく映画館に行っており、映画女優を目指すようになったようです。
12歳の時にかわいい子ばかりが掲載されていると有名なフリーペーパー「沖縄美少女図鑑」でデビュー、それを見たマネージャーにスカウトされ芸能界入りしたんだとか。
ファッション誌「ニコラ」では専属モデルだそうです。

2007年ドラマ「受験の神様」で女優デビューし、
2009年役所広司初監督作品「ガマの油」でオーディションを経てヒロイン役に抜擢され映画デビューしました。

順調に女優として実力を身につけ21歳ながら国際的な評価も高い彼女ですが、突拍子もない発言でも話題になっているようです。

一部を紹介すると、
映画「脳男」の記者会見での発言。
首を絞められるシーンで本当に気絶しそうになり「みんな死ね!と思った」
監督に病的に痩せてほしいとお願いされ「なんだよ、早く映画終われ!と思った」

二階堂ふみさんのことを全く知らない方が聞くとびっくりしてしまうような発言ですよね(笑)
でも、こういう発言もあっての良さなのでしょうね。
そんな彼女の受賞歴を調べてみました。



スポンサーリンク

国内だけでなく海外でも様々な賞を受賞!

ざっと紹介すると、
第68回ヴェネツィア国際映画祭 マルチェロ・マストロヤンニ賞<新人賞>
第36回日本アカデミー賞 新人俳優賞
第3回 TAMA映画賞 最優秀新進女優賞
第26回 高崎映画祭 最優秀助演女優賞
第16回 日本インターネット映画大賞 ニューフェイスブレイク賞
2013年度 第35回ヨコハマ映画祭 最優秀助演女優賞
第56回ブルーリボン賞 最優秀助演女優賞
第17回日本インターネット映画大賞 主演女優賞
2014年度 第38回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞
第6回 TAMA映画賞 最優秀女優賞
第13回ニューヨーク・アジア映画祭 ライジングスター・アワード
第39回エランドール賞 新人賞
第24回 日本映画プロフェッショナル大賞 主演女優賞

2012年から2014年だけでもこれだけの受賞をしているのはすごいですよね。
正直にびっくりしました。
女優としては高評価の二階堂ふみさんがバラエティーではどんな顔をみせてくれるのか、今後のぐるナイの「ゴチになります」が楽しみですね。



スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ラジオマン radio
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。