岩田雅裕は安定を捨てたフリーランス医師!高技術でカンボジアを救う

この記事は2分で読めます

岩田雅裕 フリーランス医師

カンボジアで無償治療をするフリーランスの医師の岩田雅裕さんが2月21日に情熱大陸に出演されます。
口腔外科部長だった岩田さんが安定を捨てフリーランスになった理由や現在の活動について紹介したいと思います。

すべてを捨ててフリーランスになった理由

岩田雅裕 フリーランス医師
岩田さんは兵庫県尼崎市出身の口腔外科医。
口内や顔の疾患を手がける顎顔面口腔(がくがんめんこうくう)外科医だそうです。
大阪の総合病院で口腔外科部長まで務めた岩井さんがフリーランスになったきっかけは、
2000年に知人と訪れたカンボジアの小児病院の
ベッド数が少ない
医療機器が不足
屋外での診療することもある

という過酷な現状を見て
放っておけない
と思ったからだそうです。

それ以来年に数回カンボジアへ行き無償で医療活動をしていたそうですが、
周辺国からの依頼もあり、
勤務医との掛け持ちに限界を感じて2013年にフリーランスとなったそうです。
貯金や退職金が底をついてしまっても活動をやめない高い志を持っておられます。
日本でも手術をされており、
それが活動資金になっているんだとか。
そんな安定を捨てた岩田さんの活動はどういうものなのでしょうか。

高い技術でカンボジアを救う活動とは?

スポンサーリンク



通算で3000回以上の手術を無償でしてきたという岩田さんですが、
1年に5~7回は渡航しているそうです。
現地では手術のほかに岩田さんの高い技術やノウハウを提供するための活動もされているそうです。
後進の育成のためにカンボジアの大学では講義もしているとか。
カンボジアの医療がカンボジア人の手で完結できるようにしたい
というのが岩田さんの思いだそうです。
2014年には発展途上国の医療に貢献した人をたたえる
『第41回大山激励賞』
を受けられた岩田さんは、
地道な取り組みに光を当ててくれたことがうれしい
と喜んでおられたそうです。
こういった活動をするためには家族の理解も必要だと思うのですが、
岩田さんの奥さまはすごく理解のある方だと思います。
現在は奥さまと二人暮らしだそうですが、
日本と海外を行き来している岩田さんの支えになっているんでしょうね。

あまりにもカジュアルな服装で現地の警備員に止められることもあるという岩田さんですが、
ほかにも農村部の医療を充実させる活動もしているそうです。
今回の情熱大陸の放送で
岩田さんのこうした活動を少しでも多くの方に知ってもらい、
岩田さんの活動のプラスになることを願い応援していきたいと思います。
スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ステージ
  2. ラジオマン radio
  3. WaT 楽器
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。